被害の大きい害獣と駆除

害獣とは、農作物を食い荒らしたり、家畜を襲うなどの人間や人間の生活に悪影響を与える動物のことです。
山間部において、多いのは農作物を荒らす、いのししやシカ、時には人間さえも被害の対象となるクマなどです。

厳選したハクビシン対策に関する予備知識の情報が満載です。

これらの被害は、人間の生活地域が、野生動物の生息域にも近いことから、毎年各地で見られています。しかし見落としてはいけないのが、都心部でも見られる害獣が増えてきていることです。

主な動物としては、よくみられるカラスやネズミ、さまざまな病原菌を持ちこむといわれるコウモリ、外来種のハクビシンやアライグマが挙げられます。

害獣をそのまま放置すると、糞尿などの臭いや足音などによる騒音だけでなく、ダニ、カビ、寄生虫、病原菌などが発生し、家そのものや、住んでいる人間にまで多大な被害を及ぼします。こんなにも迷惑な害獣ですが、鳥獣保護法や狩猟法、動物愛護法、外来動物法などさまざまな法律によって守られているため、許可なしに自分で駆除することはできません。もちろん、粘着シート、忌避剤などによって動物を直接攻撃せずに追い払ったり、入ってこれないように侵入経路をふさぐなどの予防策は家庭でもできますが、実際に駆除となると専門の業者に任せるほうが賢明です。駆除の申請から、捕獲した害獣の処分、さらに被害を受けた家のクリーニングや殺虫消毒なども行ってくれるサービスもありますし、業者によっては、修復工事やリフォームなどにも対応してくれ、今後の生活も安心なものにしてくれます。